×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬のしつけ(トイレ、噛み癖、無駄吠え、散歩)

犬のしつけの前に知っておくこと

犬も人間と同様に、個性や性格が異なります。犬の種類によっても、気性が激しい、気性が温厚などの特徴がありますし、同じ種類でも、性別や毛種によって気質が異なることもあります。一般的に大人しいと言われる種類の犬でも、個性の違いがあり、気の強い犬もいれば、気の弱い犬もいます。

 

飼い主である人間が、犬の気持ちを理解する努力をして、人間と犬との間に信頼関係を築くことが犬のしつけの第1歩です。しっかりとした信頼関係があってこそ、犬のしつけは成功します。犬に愛情を持ち、犬の気持ちを理解したうえでないと、人間の気持ちを伝えることはできません。犬のしつけの基本は、しっかりとした信頼関係なのです。

 

犬をしつける際に注意してほしいのは、犬は玩具ではなく、生き物であり、気持ちや気分も持っていて、家族の一員でありたいと思っていることを、飼い主も家族もしっかりと理解することです。家族の共通認識が重要ですので、お父さんがしっかり犬にしつけをしても、お母さんや子どもが甘やかしてしまっていては、犬のしつけは成り立ちません。

 

犬にしつけをする際には、犬の集中力が続く時間内でしつけをする必要があります。長くやれば効果が上がるというものではありません。犬の集中力が続くのは、個体差もありますが、おおよそ30分くらいなので、それ以上の長い時間をかけてしつけをしても、効果が上がりませんし、逆に犬がしつけ嫌いになってしまいますので、注意してください。